術中の確認

脳動脈瘤とは脳の血管がもろくなり膨らんだ状態のことをいいます。
小さいまま何の症状もなく経過することもありますが、大きくなると破裂しくも膜下出血となります。
くも膜下出血となると血液が流出して脳を圧迫します。
また脳の血管が破れることで、脳に必要な血液が供給されなくなることもあります。
そうすると脳の組織が死んでしまうことで麻痺などの後遺症を引き起こします。
CTやMRIでの画像診断での検査は有効ですが、脳動脈瘤は破裂するまで無症状なことが多く、脳ドックなど予防的検査で発見されることが望ましいです。

専門病院を選ぶ訳
脳腫瘍も脳動脈瘤も、治療はかなり専門的な知識と技術が必要になってきます。
予防することが一番ですが、脳の精密検査をする脳ドックをしている病院も限られています。
症状があれば専門の病院を探してできるだけ早い段階で検査を行うのがが良いでしょう。
また発症してしまった場合、脳動脈瘤の破裂は一刻も早い緊急手術が必要となります。
脳腫瘍の場合も大きい場合は外科手術が必要になりますが、かなり難しいテクニックが必要とされるため、症例数の多い専門病院を選ぶようにしましょう。

スキャンした画像を見つめる

脳動脈瘤は脳内の血管壁が隆起して生じたコブです。
一部の壁が薄くなり、破れやすいです。
脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血となります。
脳動脈瘤の生じやすい場所は主要な脳血管の分岐部です。
内頚動脈や前交通動脈などが多いです。
動脈瘤の時点ですぐに治療できればくも膜下出血による死亡率が低下できます。
つまり、MRIやMRA、カテーテルの造影なども用い検査で脳動脈瘤を発見する事が大変重要です。
頭痛などがある場合は脳神経外科の病院へ受診してください。
定期的に脳ドックを行い、予防しましょう。

脳腫瘍は大きさ次第
脳腫瘍とは脳にできた腫瘍のことをいいますが、脳からでき始めたものと、他の臓器の癌が転移してできたものの2種類があります。
どちらの場合も大きくなってくると脳を圧迫し浮腫を起こすため、それによって頭痛や嘔吐などの症状を伴います。
脳腫瘍かどうかを判定するには、病院でのCTやMRIなどの画像診断を基に医師が判断します。
画像をより見やすくするために造影剤を使用することもあります。
大きい腫瘍の治療には外科的治療が必要になりますが、小さい場合は経過観察で済む場合もあります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031